関東では初雪が降りました。
南国育ちにはマジきつかったです。
でも『ハウルの動く城』みてきました。

あらすじどこまで書いていいんだろ……
ハウルは荒地に住む、『美女の心臓を取って食う』と噂される魔法使い。ソフィーは帽子屋の娘で、なくなったお父さんの店をつごうかどうか微妙に迷ってるかんじ。ある日ソフィーは離れて暮らしてる妹に会いにいくんですけど、途中でナンパされて困ってる所をハウルが助けてくれます。なんだけどその時にハウルも追われてて、二人で空中を歩いて逃げたりします。その夜ソフィーが店に帰ってくると、『荒地の魔女』と名乗る魔女が来て、ソフィーは90歳になる呪いをかけられます。街にいられないと感じたソフィーは荒地にどんどん入っていってしまうのですが、そこでハウルの動く城に出会って乗り込みます。そこで掃除のおばちゃんとして暮らしていくことになるのですが、戦争が始まってハウルもお城から召集を受けて……みたいな感じですかね

あのあの
ハウルが超かっこよかったですドキドキ小

一時期大論争になった声優さんがキムタクな話ですけど
とてもよかったと思います。
最初はもちょっと毒っぽい感じでもいいかなーと思ったんですが、静かに怒るシーンとか凹んでダダこねるシーンとかもよくハマってました

はぁ~
ハウルかっこよかったドキドキ小

友達が原作本買ったみたいなので今度読まさしてもらおうと思います。

あ~ハウルかっこよかった~ドキドキ大(あんたそればっかや)

まあ、ハウルかっこよかったのはちょっと置いといて(かっこよかった~)、世界設定がすごく偏りがあるので、先日違う場所で見てきたうちの母みたいなファンタジーにあまり免疫のない人には極端にわかりづらかったりする部分はあるみたいです。私も微妙にあれっ?ってなった箇所が何箇所かありました。
見せ方についてもちょっと変わった部分が多かったように思います
でもハウルの飛行みたいな民族色の強い描写はすっごい勉強になりました
それにしても

ハウルすっごいかっこよかった~ドキドキ大